イソフラボンを効率良く摂取する|サプリメントのススメ

女性

更年期の対策

治療薬

更年期に起こる様々な症状

更年期障害は女性に多く見られる障害です。更年期に差し掛かると、卵巣で作られている女性ホルモンの一種のエストロゲンが急激に減り始めます。ホルモンバランスが崩れると同時に自律神経にも作用しますので、様々な影響が表面化してしまいます。肉体的な症状として特徴的なものがホットフラッシュです。これは自律神経の乱れが直接的な影響を齎してしまうのですが、体温調整が効かなかったり、異常なまで発汗してしまい火照りやのぼせといった症状も現れます。その他にも全身がだるくなってしまったり、頭痛や吐き気といった症状も人によってはみられます。症状には個人差があるので、これらの症状が併発するようならば一度専門クリニックで診てもらいましょう。

症状を緩和させるために

更年期障害特有の症状が現れたらすぐに病院で見てもらわなければならないという緊急事態ではありません。多くの人が自然に完治しますし、特に治療を必要としないことも多いのです。しかし更年期障害の症状が悪化して、時には自分で感情をコントロール出来なくなってしまうことも考えられます。症状が悪化してきた場合は薬物治療などを行う事もあります。ホルモンバランスを整えるためにホルモン療法や薬物を用いて治療するので、時には副作用が生じます。更年期障害は実際になってみなければ度合いは分かりませんし、体験していない人には理解されにくい症状でもあります。薬を服用することによって症状を緩和させれますので、専門医の指示の元薬を処方してもらいましょう。薬の服用に対して抵抗がある人は、サプリメントなどで更年期障害の改善を図ってみるのも一つの手です。プラセンタや大豆イソフラボンなど、更年期障害に有効とされる成分は幾つかあります。どのような成分が良いのか、ネットや情報誌でチェックして試してみるとよいでしょう。